住宅ローンの返済が困難になってしまったという状況……このようなときはどうしようもないというふうに思いがちですが、できることがまったくないわけではありません。たとえば、任意売却という方法があり、これを行えば不動産を競売にかけられるという事態を回避することができます。競売にかけられて売る場合と、自分から任意で売る場合には大きな違いがあるので、できるだけ行うことを考えるのをおすすめします。

そこで、本日は「任意売却サポート(詳しい内容はこちらのサイトでご覧になってみてください)」というサイトをご紹介します。こちらは、任意売却の支援サービスを取り扱っているサイトです。住宅ローンの返済が困難になるという状況に陥ってしまった場合、すぐにここに相談をすることで、被害を最小限に食い止めることが期待できます。まずは問い合わせをしてみて、どのようなサービスなのか確かめてみてはいかがでしょうか。

上記の会社は実績のあるところなので、安心して利用することができるサービスを取り扱っているといえます。不動産のノウハウを持っているというメリットもありますし、心配な方は公式ホームページのサービスに関する情報コンテンツをご覧になることをおすすめします。

憧れの新居である新築マンション。
ほとんどの新築マンションは、購入希望者が多いことから、抽選による販売方式を採用しています。
では、新築マンションにおける抽選は公平に行われているのでしょうか?
特に、抽選に外れた方々は、そのように思うのではないでしょうか。
ちまたでは、抽選に当たりやすい人には、何か特別の「裏」があるのではと言われています。
ダブって抽選に申し込んだ人や、年収の少ない、いわば、住宅ローンの融資が受けづらいのでは、と思われる人については優先順位を下げたり、といったうわさが流れることがあります。
なにか、都市伝説のようですね?

結論から言うと、新築マンションの抽選は、公平に行われています。
新築マンションを含めたマイホームは、人生で最も高額な買い物と言えます。
そんな物件を買う方々のためにも、販売する不動産会社や販売会社は、企業としてのコンプライアンス(法令を順守する姿勢)と倫理観を持っています。

最近では、マンションの年収倍率が拡大していますので、ある意味では抽選に当たりやすくなっているかも知れません。
聞きなれない文言だと思いますが、年収倍率とは、各都道府県で販売されたマンションの価格を平均年収で割った数値です。
この数値は、マンションの価格が年収の何倍で販売されているかを示すものです。
一例として、東京都の場合、70㎡のマンションを基準とした平成22年度の年収倍率は7.71であり、平成23年度では7.84となっています。